専門学校独自の奨学金

専門学校独自の奨学金

Pocket

独自に奨学金制度を設けている専門学校は、各学校でその内容が異なります。そのなかでもとくに多いものをいくつかピックアップしますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

まず奨学生になるための試験を受けて、基準を満たす成績をおさめた人は学費を一部免除してもらえたり、奨学金が支払われるタイプがあります。筆記試験だけでなく、書類選考や面接などを行なっている専門学校もあります。支給される金額は専門学校によって異なり、入学金や授業料の全額、半額を支給したり、100,000円、200,000円など決まった額を支給したりしています。

ほかには、特定の資格保有者に対して奨学金の支払いを行なっている専門学校も多いです。一例として、ビジネス系のコースでは簿記、PC、英検、TOEIC(R)など、学校が条件として定めている資格を取得していると、一定額の奨学金を受け取ることが可能になります。また、特待生を受け入れているところもあり、クラブ活動で全国大会に行ったなど、素晴らしい成績を残している人を対象に、入学金の免除を受けることなどが可能な学校があります。

そのほか、貸与型の奨学金制度を設けている学校では、卒業後に指定の職場に決まった期間、続けて勤務していることによって、奨学金の返済が免除されるケースもあります。奨学金の返済は長年続き、経済的に苦しくなることも少なくないため、返済が免除されるしくみがあるのは利用者にとって大きなメリットといえるでしょう。

Pocket


Comments are closed.