Browsed by
月別: 2017年4月

専門学校独自の奨学金

専門学校独自の奨学金

独自に奨学金制度を設けている専門学校は、各学校でその内容が異なります。そのなかでもとくに多いものをいくつかピックアップしますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

まず奨学生になるための試験を受けて、基準を満たす成績をおさめた人は学費を一部免除してもらえたり、奨学金が支払われるタイプがあります。筆記試験だけでなく、書類選考や面接などを行なっている専門学校もあります。支給される金額は専門学校によって異なり、入学金や授業料の全額、半額を支給したり、100,000円、200,000円など決まった額を支給したりしています。

ほかには、特定の資格保有者に対して奨学金の支払いを行なっている専門学校も多いです。一例として、ビジネス系のコースでは簿記、PC、英検、TOEIC(R)など、学校が条件として定めている資格を取得していると、一定額の奨学金を受け取ることが可能になります。また、特待生を受け入れているところもあり、クラブ活動で全国大会に行ったなど、素晴らしい成績を残している人を対象に、入学金の免除を受けることなどが可能な学校があります。

そのほか、貸与型の奨学金制度を設けている学校では、卒業後に指定の職場に決まった期間、続けて勤務していることによって、奨学金の返済が免除されるケースもあります。奨学金の返済は長年続き、経済的に苦しくなることも少なくないため、返済が免除されるしくみがあるのは利用者にとって大きなメリットといえるでしょう。

地方公共団体の奨学金

地方公共団体の奨学金

都道府県や市町村の教育委員会などが用意している奨学金制度が、地方公共団体の奨学金制度と呼ばれているものです。給付型か貸与型かということに関してですが、貸与型であるケースが多いです。また、借りたあとに返済する際には金利が発生しない奨学金である場合が多いのもまた、地方公共団体の奨学金制度の特徴の一つです。

利息が発生しないぶん、返済の負担が軽いことが地方公共団体の奨学金制度のメリットですが、デメリットといえるようなことがないわけではありません。貸与されるのは10,000~60,000円の月額になることが多く、JASSOの奨学金制度と比較すると低額になることがあります。また、JASSOの奨学金制度との併用が不可能な奨学金もある点には注意しなければいけません。

併用不可の場合には、まずJASSOの奨学金制度を検討してみることをおすすめします。また、お住まいの地域で地方公共団体の制度が設けられている場合には、申請方法や募集時期を確認しましょう。自分で奨学金制度に申し込みをするケースと、入学した専門学校を介して申請を行なうケースがあるためです。わからない場合には在学中の学校の先生に聞いてみるのもよいでしょう。

JASSOの奨学金

JASSOの奨学金

JASSOの奨学金制度は国家予算と卒業生の返済金額で成り立っているものであり、専門学校生が利用している奨学金のなかでは一番利用されている割合が高いとされているものです。貸与型の奨学金制度で学力と家計に基準が設けられており、入学前または入学後に利用することが可能です。また、JASSOの奨学金制度には第一種と第二種があり、第一種奨学金は金利が発生し、第二種奨学金は金利が発生しません。貸与型の奨学金ということで、専門学校を卒業したあとには返済をしなければいけません。金融機関の口座から、月々決まった日に自動で引き落としになります。なお、卒業後すぐに返済がはじまるわけではなく、6ヶ月の据え置き期間を経て返済がスタートする形になります。返済が遅れると延滞金が発生するほか、法的措置をとられてしまうケースもあります。

条件に関して、第一種奨学金に関して説明しますが、高校1年生~申請時までの成績の平均値が3.5以上あることが求められます。家計は給与所得者の場合収入が890万円、給与所得者以外は所得404万円が家計基準として定められています。1ヶ月に借りることが可能な金額は国公立・自宅通学で45,000円、自宅外通学で51,000円、私立自宅通学で53,000円、自宅外通学で60,000円のほか、国公立や私立、通学のしかたに関係なく30,000円を借りることも可能です。なお、第一種と第二種は条件次第で併用することが可能です。

専門学校に奨学金はある?

専門学校に奨学金はある?

奨学金制度というと大学に通う人が対象者であり、卒業後には受け取ったお金を返していかなければならないというイメージがある人は多いでしょう。そのため、専門学校に通う人は奨学金制度を利用することは不可能と、はじめから決めつけている人もいるのではないでしょうか。実は、専門学校にも奨学金制度は存在しています。また、必ずしも奨学金制度は返済しなければいけないものばかりとは限りません。

基本的なこととして、専門学校には入学前に申請を行なう予約採用と、入学後に申請を行なう在学採用があります。予約採用は在学中の学校を介して申し込みをする形になっており、在学採用は入学後にその学校の奨学金制度の担当者または担任を通して申請を行なう形になります。また、在学中に家計の急変があった人に対して、その年度内のみ貸与が行なわれる緊急採用や卒業するまで奨学金が支払われる応急採用というしくみもあります。

奨学金制度には給付型、貸与型に大別することが可能です。給付型は返済不要、貸与型は返済が必要になります。また、返済が必要な奨学金に関しては、金利が発生するものと発生しないものがあります。

そのほか、奨学金制度はJASSO(日本学生支援機構)によるもの、地方公共団体によるもの、専門学校独自によるものなどがあります。当サイトでは代表的な奨学金制度の特徴を解説していますので、しくみを知りたいと思っている人は別のページの内容もあわせてご覧ください。